カテゴリ:日々の出来事( 92 )

自然誌

去る2月2日、新城市立鳳来寺山自然科学博物館50周年記念式典で初めて新城市の自然誌(昆虫・動物編)を手にしました。失礼ながら人口5万人にも満たない小さな市が、このように立派な自然誌を刊行したことに「すごいことだな」と思いました。これからも地学、植物等の続刊発行が予定されており、完成したら新城市の宝になることでしょう。これは長い間、博物館を支えて来た多くの人々の活動の賜物だと考えます。そしてその活発な活動を促したのは、鳳来寺山に代表される新城市の自然の豊かさ多彩さであろうと思います。
 この自然誌では小生の野鳥写真を多く採用していただきました。10年程前、朝の犬の散歩で見かけたカワセミを撮影しようと始めた趣味ですが、こんな形で結晶しようとは考えもしないことでした。掲載写真のほとんどが新城市内で撮影したものです。撮ったら基本的に即日、このブログに掲載して来ました。今回の自然誌用に写真を選択するとき、この記録が大いに役立ちました。
b0039170_13141469.jpg

b0039170_13143844.jpg

by hasegawa_h2001 | 2014-02-22 13:15 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとう

鳳来寺山に初詣に行って来ました。鳳来寺本堂と東照宮があり、東照宮は江戸時代の創建当時の
建物が残されています。
b0039170_20223991.jpg

b0039170_20233045.jpg
b0039170_2023633.jpg

by hasegawa_h2001 | 2014-01-01 20:24 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

ドイツの鉄道

ドイツは正味三日だけの滞在だったので正しい評価とは言いがたいかもしれませんが
事前の印象とは違っていたところがいろいろありました。
b0039170_20542265.jpg

おなじみICE、ドイツなので定刻運行かと思ったら結構遅れる。その遅れ方も少々変で
定刻発車と一時間以上の遅れ車両が混在していました。事前予約をせずに行って正解でした。
新幹線のように専用線でないことも原因のひとつでしょう。
b0039170_20593116.jpg

一等車の車内、かなりゆったりしてます。今思うと乗客が少ない気がします。
b0039170_2124936.jpg

食堂車で昼食を取りました。これで12ユーロぐらいでした。こういうゆったりとした
車両は日本でも残してほしかったのですが....
b0039170_2154895.jpg

ハンブルグ駅、この大空間には圧倒されました。
by hasegawa_h2001 | 2012-03-17 21:06 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

ポロック展

国立近代美術館のポロック展を見てきました。アクションペインティングの作品は少なめ
だったような気がしますが、初期から晩年までの流れが鑑賞できて楽しめました。
オーディオガイドは石井竜也のナレーションで聞き物です。
b0039170_22332779.jpg

「インディアンレッドの地の壁画」1950年 テヘラン現代美術館
イランの美術館との借用の交渉は大変だったと思います。時価200億円とか.....
それだけの価値があるかどうかは???ですが、確かに名画です。
たらし込みの線は日本の書道に通じるスピリットを感じます。PCの画像では伝えきれない
美しさを持った絵だと思いました。
b0039170_22491311.jpg

「ナンバー7、1950」ニューヨーク近代美術館
江戸時代の琳派の作品を思わせる鮮やかな背景にリズムにみちたたらし込みの線。
日本的で、アメリカの抽象画を見ているという気がしませんでした。
by hasegawa_h2001 | 2012-02-14 22:42 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

ポラリエ

先日レポートしたようにポラリエのおかげで簡単に星野写真が撮れるようになりました。
広角レンズで2から3分の時間でしたら全く問題なく静止した星空が撮影できます。
b0039170_2181325.jpg

このお手軽赤道儀に見合うお手軽カメラが必要になります。
つい最近まで長時間露出の場合、発生するノイズ処理が不可欠だったらしいですが、最近の
デジ眼はノイズがかなりすく区なくなってきており処理が不可欠とはいえなくなってきている
ようです。とはいってもデジ眼購入の資力もないのでNikon1で挑戦しています。もともと
ポラリエは星景写真というコンセプトをもった商品なのでNikon1純正の標準ズームレンズでの
撮影は問題ありません。(FT1は大問題ですが....)ただ液晶では1等星ぐらいしか見えず
ピント合わせや構図の調整には苦労してます。カメラ内蔵のノイズ除去を使えば画像も
合格点だとおもいます。ただ処理に時間がかかるのが玉にきずです。ここら辺の悩みを
一気に解決できそうなのがCanon Kiss X5です。
b0039170_21253014.jpg

by hasegawa_h2001 | 2012-02-01 21:22 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

ポラリエを使わずに撮ってます。月が大きくなり始めたのでしばらく星野写真はおやすすみです。
b0039170_200342.jpg

Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D+TC-14E+NikonJ1 1134mm ISO100 F8 1/60 -1.3ev
FT1を付けたときNikon1は1秒以上の長時間露出ができません。せっかくバルブモードが
あるのにNikon1用のレンズしか長時間露出ができません。いいカメラなのですが
FT1使用時の仕様が中途半端です。AF-Cが使えず鳥の飛びものが撮れないという問題も
あります。バルブも最大2分までです。写真撮影というものがわかってないという気がしてます。
うがって見るとデジ眼保護のためにあえてフル機能を装備させなかったように思っています。
by hasegawa_h2001 | 2012-01-31 20:00 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

天体写真

NIKON1の仕様書のISO3200,CMOS,バルブを見たとき、これは天体撮影に使えそうと
思いました。昨年の発売時はそう思っただけで、高価な赤道儀を買ってまで天体写真を
やろうとは思いませんでした。ところがビクセンから11月に星空雲台ポラリエなる
安いポータブル赤道儀が出てきて色気が出てきました。ただ最大荷重が2kgぐらいで
広角撮影ができる程度の精度とカタログにあったので興味が薄れていましたが。
「テレスコ工作工房」とういうHPでバランサーをつけるなどして改良し、
極軸望遠鏡をつければ600mm, 3分程度の自動追尾撮影ができることがわかって
俄然やる気が出てきて、手に入れてしまいました。
b0039170_2344228.jpg

写真の下側の白い箱がポラリエです。これには北極星用ののぞき窓があり、
それに北極星を入れてしまえばOK。あとは自動追尾で撮影できます。
b0039170_238335.jpg

Nikon J1 10-30mm ズーム(10mm) F3.8 2分
昨日、撮ったオリオンです。想像以上に奇麗で簡単に撮れてしまいます。
ただ色々苦労談があるのでそれは後日レポートします。
by hasegawa_h2001 | 2012-01-27 23:11 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

The Big Year

先日、米国出張したおりある航空会社の機内誌でバーダーを主題にした映画が公開されることを知りました。
b0039170_21294723.jpg

コメディーらしいですが実際に行われているバーダーのイベントを主題にしたものです。
よく調べると本も出版されてました。

b0039170_21261858.jpg

「ザ・ビッグイヤー」。それは、1年間に北米大陸で見つけた鳥の種類の多さを自己申告制で競う、アメリカ探鳥協会主催の記録会の名称である。仕事も家庭も棒にふり、1000万円以上注ぎ込み、40万キロ以上も飛び回って1年間も「鳥探し」をする競技者・バーダーたちの駆け引き、軋轢、結託、嫉妬―。男のロマン、バカバカしさ、業の深さを爽やかに描いた傑作ノンフィクション。(Amazonの紹介)

映画の日本公開は決まってないようです。バーダーの映画なんで希有なので是非見たいと思ってます。

上述の機内誌の紹介によるとキャメロン ディアス、ポールマッカートニーも熱心なバーダー
らしいです。愛好家の裾野の広さを感じます。
by hasegawa_h2001 | 2011-11-24 21:40 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

Photopresso

PhotopressoはCanonが運営するフォトブックサービスです。
2ヶ月ほど前に作成して下記にて公開中です。製本されたものも購入しましたが
品質は値段相応でした。。このサービスのいいのはiPadぼアプリケーションが
あって。電子ブックとしてiPadで閲覧できることです。気軽に人に見せることが
できるので重宝してます。
b0039170_20465434.jpg

b0039170_20471842.jpg

公開サイト
http://wpb.imagegateway.net/gallery/book/3476922874
by hasegawa_h2001 | 2011-10-24 20:47 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

写真集

ちょっと豪華な写真集を作りました。一般のフォトブックと異なるのはMac専用のApertureという
ソフトでしか製作できない点です。ハードケースもついてくるので、贈り物に最適です。少々高いですが、他社の同様のサービスと比較したらリーズナブルだと思います。印刷の品質も申し分ないです。
b0039170_2110241.jpg

b0039170_21124557.jpg

実際、台湾でお世話になった方に贈ったら大喜びされました。
by hasegawa_h2001 | 2011-09-05 21:14 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)


奥三河の自然の中で


by hasegawa_h2001

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

タグ

最新のコメント

濱田さん、ありがとうござ..
by hasegawa_h2001 at 21:44
ご無沙汰しております。む..
by fxhanayan at 07:18
katuさん、満月がすぎ..
by hasegawa_h2001 at 21:09
hiroさん 彗星の尾が..
by katu at 20:32
竹さん、お久しぶりです。..
by hasegawa_h2001 at 22:31
おひさです、いわきの竹で..
by 竹 at 13:16
いくさん、お久しぶりです..
by hasegawa_h2001 at 22:24
hiroさん、新年おめで..
by いく at 16:03
高価なカメラなので踏ん切..
by hasegawa_h2001 at 09:50
hiroさん 星雲..
by katu at 17:35

カテゴリ

全体
This month photo
日々の出来事
Profile
機材
ライフログ

岩石・鉱石
カイツブリ目カイツブリ科
ペリカン目ウ科
コウノトリ目サギ科
カモ目カモ科
タカ目タカ科
タカ目ハヤブサ科
キジ目キジ科
チドリ目チドリ科
チドリ目シギ科
チドリ目カモメ科
ハト目ハト科
フクロウ目フクロウ科
ブッポウソウ目カワセミ科
キツツキ目キツツキ科
スズメ目ツバメ科
スズメ目セキレイ科
スズメ目ヒヨドリ科
スズメ目モズ科
スズメ目レンジャク科
スズメ目カワガラス科
スズメ目ミソサザイ科
スズメ目ツグミ科
スズメ目ウグイス科
スズメ目ヒタキ科
スズメ目エナガ科
スズメ目シジュウカラ科
スズメ目メジロ科
スズメ目ホオジロ科
スズメ目アトリ科
スズメ目ムクドリ科
スズメ目カラス科
ブッポウソウ目ブッポウソウ科
ツル目クイナ科
スズメ目タイヨウチョウ科
スズメ目カササギヒタキ科
瑠璃山原稿
バードカービング
昆虫
動物
デジスコ講習会
写真俳句
台湾の野鳥
天体写真
ドイツの野鳥
カッコウ目カッコウ科
北アメリカの鳥
奥三河
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月

リンク

最新のトラックバック

ハス
from 季節を感じて
謹賀新年
from デジスコ徒然日記
緑の森
from AirNET

フォロー中のブログ

親ばかブログ(由紀の酒)
晴れ、ときたまsnow
季節を感じて
生きる歓び Plaisi...
気ままにフォト日記2
hamayanのデジスコ鳥見録
鳳来寺山自然科学博物館友...
葛西臨海公園・鳥類園
happy *riko*...
Bravo! Birds
デジカメフォトギャラリー2
コバチャンのBLOG
蝶と花と70年代のフォーク2
花鳥風月 II
淡路島の野鳥 Blog
P-days Bird ...
*pure hearts*
写俳日記(写真俳句) 写...
デジカメつれづれ日記2
探鳥日記
Birder-Kawasemi
花鳥風月 III
Nana の写真&絵日記ブログ
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
デジカメつれづれ日記3
デジスコ徒然日記
でじすこや店長日記
おおやのデジスコ散歩道
Craziness ki...
zou's blog
Wild Birding
デジカメフォトギャラリー3
東海デジスコ倶楽部
あいり(愛里)通信
常磐デジスコ倶楽部
森の番小屋
LOVEBIRD
~毎日がおさしん日和~ ...
~BQイッチー フィール...

ライフログ


日本の野鳥


鳥の名前


写真集 日本の鳥〈2002〉


新・きらめき鉱物・化石ガイド―愛知県版


野鳥フィールドノート―スケッチで楽しむバードウォッチング (BIRDERスペシャル)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧